« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

こころをみせちゃうと

頼ってしまうから怖いのかな

痛いとか悲しいとか、苦しいとか

リアルになるから怖いのかな

それを感じても言えなくなっちゃうし、
それを感じても自分の中で見逃せなくなっちゃうから怖いのかな。

| | コメント (0)

心って重いのよ

だからどこまで話すか迷うのよ

どこまで受け止めてもらえるかで、話せるレベルは変わるでしょ?

ね。

| | コメント (0)

あんまり把握されるのが好きじゃなくて、

あんまり知られるのが好きじゃなくて、


学校の人とあんまり打ち解ける気がなくて←

集団心理にはまりたくない。

そうゆうこと


わたしが心を開かないのは

そこの人間になりたくないから、
どこかに属すとその輪の中から乱さない様にって意識がなっちゃうから。


なんていうのか、学校の人になったら、学校の中だけで満足しちゃうでしょ?


なんか学校からはみ出したらいけないって頭がなっちゃうでしょ?

それが嫌なの。

そんだけ。

だから、あんまり学校の人とはかかわらずに
自分のために利用しようって思ったの。

学校の犬になるんじゃなくて、自分のためにやろう。って。


わはは。なんじゃこりゃ


学校が居心地よかったら、

学校が居場所になっちゃったら、

私も学校に染まっちゃうから。

そうゆうんじゃなくて、そうゆうのじゃなくて、


わたしがいて、学校がある。でいたかったの。

おかげで、居心地悪いけど\(^o^)/

| | コメント (0)

頭の中はぐるぐる

なんであたし言ったんだろう

二人のことは二人にしかわからないと思ってるのに

当事者同士じゃなきゃわからないことがたくさんあるはずなのに。


第三者に伝わらなくても、理解されなくてもいいと思ってる。

100%理解してもらえないとも思ってる。


でも、そんなことはどうでも良くて。

大事なのは二人のこと、これからのこと。今までの話し、今までの会話。


わたしが意外と乙女なところとか、意外と寂しいとか言うところとか、そんなことはどうでもよくて、


なんであたし話したんだろう。


そうだよ。ずっと、二人のことは二人にしかわからないと思ってたから、だから話したくなかったんだよ。


ガードがかたすぎるのかなー
普通にきいてもらえば話すんだけどな。

なんかなぁ、自分が作ってる壁が厚すぎてそれを破ることができないよんよん。

| | コメント (0)

大丈夫だった。(※痛いので注意)

ちゃんと私のことを見てくれる人がいて

すっぴんでも、寝癖がついてても関係なく好きだと言ってくれる人がいて


馬鹿みたいに可愛がってくれる人がいて


大好きだと伝えてくれる人がいて

応援してくれる人がいて。


私とあの人の間には隙間なんてなくて、
そんなもの存在してなくて、

全然大丈夫だった。


大人になるってこうゆう事なのかな。って思うよ。

自分の事を好きだと言ってくれる人が好き。

という形もあって、
どちらかというと私は自分が相手の事を大好きで大好きで大好きで

もーーーー(。-_-。)

という感じだったけれど、


好きって

そうゆう形もあるんだと思う。


一緒にいるって、

私と相手の好きという気持ちからなるもので、

だからなんていうのか…

相思相愛が理想なんだけども、人間だから慣れっていうのもあって、

心の隙間も生まれる時があって…

昔おねーやんがいってたけど、

本当に好きな相手がいて、でも慣れでドキドキとかワクワクとかなくなっていって…

嫌いになったわけじゃなくて、

でも、ドキドキとか味わいたいから、浮気をして恋愛ごっこをするんだ。

って言ってた。


浮気をするつもりはないけど、

長く付き合ってれば心の隙間はあり得ると思うのね。

うん。

| | コメント (0)

もしね。

来年ね、海外に行って…

もし、もし、もし、終わりが来たとしたら、それはもう、それまでだったんだな。

って話だよね。

思い合えなかったって事だよね。

そんな事で終わってしまう仲だったっていうことだよね。


うんわかった。

| | コメント (0)

悶々

いるし!いるし!いるし!

彼氏!!!!!!

| | コメント (0)

雑念

正直面倒くさいことになってる今。

| | コメント (0)

1、よことり

作品が大衆化され、

一般化され、


ARTとは何だ?と考えさせられ、

特別なものではないし

日本でもっと身近になってほしいと思う反面

雑に扱われていると腹が立つ


矛盾でしかないんだけと

矛盾だらけ。

| | コメント (0)

現実に夢なんておちてない

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »