« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

五時おき。

昨日の日記の主人公は君です。

わたしは、その君が間に挟まれてる感じが嫌なのです。

その感想でした。


だって、一度や二度じゃないんだもん。


一ケ月まえ?くらいからずっと。

ずっとだよ…

ずっと、別れる別れない


別れた、戻った

ってやってんの←


聞いててイライラしてくる←

しかも私は部外者だから、
思っても毒をはけないから←←←

いや。



もー

いい加減にしてって感じだよ。


君は、仕事が忙しくて、休みなしで12日連勤だっつーのに。


すごい、嫌だった←

こんな疲れてる時に、君に頼るな!
と思った←


だって、一度や二度じゃないんだもん

頼るなとは言わないけど、


もっと2人で解決して!!!
って感じ


もう………凹

疲れてる君に、私ができる事を考えた。

毎朝五時起きで、
こないだ寝坊したって言ってたから、

五時に起きて、起こしてみる事にした。

昨日は、先輩たちと四人で飲んでて……
っていう感じだから、寝る時間は変わらなかった…


起こしてみたら、っていうか、起きたら……

睡眠時間が短すぎて、体がダルすぎた。

こんなダルすぎるのに、仕事に行くのかーと思うと凹んだ。←


仕事だから仕方ないけど、あたしもだるすぎた時あったけど。

時期がかぶって成人式、散々だったけど。笑←これ、本当ひどい。笑

だから、少しでも疲労と負担は軽くしたいと思うじゃない。

だからさ、その昨日のカップル事件はムカついたんだよね。←

しかも女の子の方が、典型的に私が嫌いなタイプだっていうね。

笑。

まー、良いんすけど。


だりーな。
まじで。

| | コメント (0)

暴言かもしれない

恋は盲目だ。

あぁーーーーーーーーーーーーー

暴言の始まり

もう。
です。


私にできる事は何かを考えてた。

疲れている君に、できるコトはなにか?


友達カップルのもめ事に
ふりまわされて

まぁ、仕方ない立場なのかもしれないけど


あたしとしては、やめてくれ

って感じで

ちょ、まじ疲れてっから。
って思うよ。

残業付きの二週間休み無しは死んじゃうよ

酷な時期に、
酷な話を…


あー、やだ

カップルのもめ事は、二人にしか解決できないんだからさ

第三者が加わったって…

と思うよ。
私は。

あくまでも、私はね。


いい加減にしてくれ

だよ本当に

別れるだの

別れないだの

別れただの

付き合っただの

ごちゃごちゃしてんじゃねーよ


勝手にやってろよ

まじ、巻き込んでんじゃねーよ

お前も、巻き込まれてんじゃねーよ←

別れたって、結局、体で戻るんでしょ?
意味わかんねーよ
その女


そんな女にふりまわされてる
男もバカだけど

その女も、大バカだ

可哀想ぶってんじゃねーよ

病気ぶってんじゃねーよ


弱った時だけ
求めてんじゃねーっつーの。

気持ちわりぃな


女も男もずるい。

ずるいずるいずるい

ずるいずるいずるい

ずるいずるいずるい

大人は器用にできてる気がする


面倒な
事には目を向けず、首を突っ込まず避けていく

必要な時に、必要なところだけ頂いていく。


傷つかないように

大変にならないように

調整してる

みんなが、みんなじゃないけどさ


あたしは、かっこ悪くていいや。
がむしゃらで不器用で、努力した分だけしかできないくらいが良い。


だからこそ、人生は楽しいのだ。

| | コメント (2)

久々に

落ちそう。


あ、生理きそう。

嬉しいけど、嬉しくない←

| | コメント (0)

相変わらず。

苦手なのだ。

自分のsosに気づくのが。

| | コメント (0)

かつかつ

余裕がないなー


予定に


自分に


やる事に


生理こないし。

だるいし。

追い詰められていく、思考回路が…

学校もはじまるし

教習所も行かなきゃならないし

期限やばいしな



あーやだ

| | コメント (0)

たわごと

たわごとです。


すべての話は主観です。

そして、なやみでもあります。


ふと、おもってmixiにつぶやいたんだけど。

美術系の人ってはたからすれば変態なんだろうな。
っていうソレ。


人に理解されない事が増えてきた。

伝えても、伝わらない事が増えてきた。

これは、あたしが思う私自身の事で、他の人は違うかもしれない。

取りたい写真が変態なのか、なんなのか…

なんか…

なんかです。


それはまだ、通過点なのかもしれない。


だから、先があって、先は違うのかも知れない。

ていうか、話かわるけど…

あたし、冷静にじゃないけど、

感情的だけど


変に冷静な部分もあるんだと思う。

それが、考えるっていう行為をする上で、主になってるんじゃないか
なぁー

わからんけど


主観じゃ何も見えないのだ。

気づかないし。

| | コメント (0)

なう。思考

タイポロジーで撮られた作品は、きっと考え が深いと思うんだ。

写ってきた物を考えるよりも、そこに行きつくまでの、思考がメインになっている気がする。


そして私は、考えるのが好きなので、思いつく案が、タイポロジーが多いのではないか?
という考えに至った。


撮りたいものがたくさんある。

また、沢山の人にお世話になる作品かもしれない・・・

作品になるかはわからないけど。はじめてみる。

| | コメント (0)

就職

就職するなら

ギャラリーで働きたい。アートとか美術とか写真とか絵とか…
そういった得体の知れないものと、関わってい生きたい。


です。


美術館とか。

そういった

変なところにいたい←

| | コメント (0)

つまらな・・・

悪口じゃないよ。

感じ悪かったらごめんよ。


最近思う事。

高校のときの友達と遊ぶと・・・
皆大人になってしまったせいなのか。

寂しいというか・・・
ツマラナく感じる。

そのつまらないっていうのは。

高校時代。10代。をともに過ごしてきて、
ファッションだったり、デザインだったり、音楽だったり、絵だったり・・・

そういうものに没頭して進んできて。

人生っていう、未来っていう、得体の知れない巨大な不安に襲われたり。

自分のやりたい事と、現実と、自分の能力を比較して、落ち込んでもがいてたり。
でも悩みながらも進んでいたり・・・


そうやって、なんか、ぎくしゃく(?)
しながら、現実と、自分と、夢と、未来と、不安と・・・

ぶつかりながら、反発し合いながら・・・
悩みながら・・・

育ってきていたのに。

最近、みんなは、社会のルールというか・・・

そういったものを理解し始めたのか・・・

力を入れるところ、力を抜くところ。
スムーズに行く方法を身につけて。

そりゃ、10代の頃に比べたら、悩む事も、苦しくなる事も、不安になることも減って、
自分の将来や、未来っていうものを、もっと(良い意味で)軽く付き合えるようになって・・・

あの頃のように無駄に悩んだり、落ち込んだりしない分賢くなったのかもしれないのだけど。


つまらなく感じてしまった。


もっと、もがいていたのになぁ。
自分のやりたい事をやるために仕事かえたんじゃーん!とか。

もっと、前は考える人だったのに、今は何も考えていない・・・とか。

それらは、諦める事によって、自分自身と戦わなくてすむから。不安や悩みを抱えなくてすむから。

良いのかもしれないけど。

寂しく感じました。

確かに自分の10代と比べても、私は違う。

必要以上に考える事も、悩む事も減った。

前に比べれば、器用になって、スム−ズにいく方法をみつけられるようになった。


でもなんかさー。

寂しいんだよね!笑

あの時、語ったじゃん!!やりたい事の話、熱くしたじゃん!!

わくわくしたじゃん!刺激し合ったじゃん!!

みたいな気分になった訳です。笑


| | コメント (0)

なんでか…

メンタル的に疲れてる


| | コメント (0)

明らかに。

見ることも、考えることも少なすぎる。


自分の写真を理解したいなら、他者の写真を見なきゃいけない。


見て、理解しようとしなきゃいけない。


写真の世界も、私の内ではなく、外に広がっているんだ。


写真の歴史も、私の内に広がっている訳じゃない。

やる事も、知ることも沢山あるのに。

なんで、やりたがらないんだろう?←

あたしは自分を通して、写真をやっているんだろうな。

自分の為の写真であって、他者に理解して欲しいとか

見せる事が目的じゃないんだな。


蒼井優は、自分の事を表現者という。
女優とはいわない。

そんな感じなんだろうな。

写真と、私はとてつもなく近いところでリンクしている。

むしろ、写真自身が私である。

| | コメント (0)

可能性。

写真にできることは

写真でしかできないのだ。

写真に出会う一年前までくらいは、私は服をつくっていた。

ファッションの勉強をしていた。

悶々としていたけど。

こういう悶々じゃない。

自己表現が100パーセントの世界で、悩む事はすくなかった。

自分の可能性とか、才能とか意外にね。

ベースがぶつからないから。

社会とぶつからないから。

我の世界だけで済ませられるから。


だから、写真は自己表現ではない気がするんだよね。

でも、こないだ見たチェコの写真家の写真は自己表現だった。

でも、ちゃんと写真だった。

なんていうのか、フォトアートとしての意味合いは強かった。

でも、その中にでも、錯覚だったり、そういった類いのことが混ぜられていて、ちゃんと写真として意味をなしていた。

だからおもしろかった。

もちろん、分からない人のもあったけど。

だから、あたしにとって、写真は自己表現ではないんじゃないかな?

自己表現なんだけれども・・・

表現をぶつけるところじゃないんだろうな。

だって、絵で言うキャンパスも、服で言う素材も、
私が選べるんだけど。

でも、それは世界に落ちていて、世界という社会にあって。

それを写す事は社会とつながる何かになるから。

私の感情オンリーではないわけだ・・・


| | コメント (0)

写真悶々2。

写真は自己表現か、否か?


私にとって写真とは何なのだろうか?


自己表現ではないとおもうのだ。

自己表現という、可能性もある。でもそれは少ししかない。

写真は自分を、自分の外に出して、それを自分自身が他者と同じ目線で見る作業。
だったりする。


自分が世界を、どう見ているか?

どう捉えているか?

わたしはどんな人間か?

なんていうのが・・・

というのが見えてくるんだよね。


被写体と、自分の関係とかね。

あれなんだね。

あたしは、自己表現という・・・

私を知って!!みたいな部分よりも。

私の内面を私自身が知りたい。

という方が強いんだろうな。

そして他の人の写真からも、それを読もうとするんだろうな。


写真を発表していくことに熱心ではない。
全く。

興味がないわけじゃない。

でも、熱心ではない。

人の写真を見るのはすきだ。

だけど、自分の写真を発表することにあまり・・・
興味が無い。

なんでだかは、わからない。

多分、自分でも何をしているのかわかってないからなんだろう。


わからないなら、とりあえず撮れ。
撮ってから考えろ。

答えは、おのずと出てくるはずだ。
写真に写ってくるはずだ。

いっぱい見て、いっぱい考えろ。


写真をやっていて思うのは、私は撮るよりも、考える事の方が明らかに好きだっていうこと。

でも、撮る事をやめたくない。

撮っていながら、悶々としていたい。
撮る事で、自分と戦える。
自分の自己表現とか、自分の考えている事とか、社会とか、世界とかと繋がれる。


自分自身の可能性と、能力と、戦える。

結局、写真は自分なんだな。

写真自身が、私なんだな。

私の一部であった、私の眼であり、反応した感覚であり。
そこに立っていた、私が感じた物であり。

私自身以上の何でもないのだ。

| | コメント (0)

夏の思いで

一年目の夏か…

二年目のかは忘れた。


多分、一年目の夏。

あまちゃんの家の近くにあるモスにお昼に行った。

夏休みも始まったばかりで、高校生と専門学生だった私達は、夏の予定を
立てていた……

川?海?
えー、どうする?

なんて。言って…


そんな感じだった。

結局何も決まらなかった気がする。

その後の記憶はない。


その後日、原宿で遊んでた時のこと。

あまちゃんの友達が、気になる女の子と行こうとしていた後楽園のイベン
トがあって…

それも、テレビ番組が主催のよくあるやつ。

その友達は、行く話がパーになってしまったから…
とか言って、2人で行った記憶がある。

ベタベタなカップル企画に、恥ずかしくなりながらも。楽しかったなー。


後楽園は、分かれた後にレッチリのライブを見にいった場所でもある。

最近、後楽園に行って思い出すのは、もっぱらこっちの記憶だったんだけ
どね。


そんな鮮やかな
記憶も思い出した。


あたしは、酷く若かった。
精神的に、内面的に。

わかっていない事が多すぎた。

愛情の重さを、知らなかった。


たくさん傷つけた気がする。

たくさん気がつかなかった気がする。

携帯を無くした時に、あまちゃんの連絡先はなくした。
共通の友達もいたけど……
こうゆう、運命なんだって勝手に思って知らないままにした。

知らない方がいい。

知らない方が幸せだ。

振り替えれば、記憶なんていくらでもあるのだ。

私とあまちゃんは、もしかしたら、いつか…
ライブハウスで再会するかもしれない。

その機会は何度かあった。後々しったけどね。

たまたま行かなかったのは、そうゆう運命なんだろうと思った。


あまちゃんは、多分…今も東上線沿いに住んでいて。

ドラムを叩いていて

彼女と同棲してるんじゃないかな?

今は知らないけどね。


あたしは、幸せになったよ。
って、共通の友達に伝えたい←

あたしの過去も今も知っていて…

あまちゃんの過去も、今も知っている人に。

その人は、私の前で、あまちゃんの名前は出そうとしないけど。
あたしも出さないけど。

過去をしってる分、触れにくいのかもしれないけど…

だから、私も触れにくいのだけど…笑

いつか、名前がでるかな?

まー、出なそうだけどね。笑

| | コメント (0)

今、私が考えている事。

写真に「私」をどれだけ入れるか?

私の外に社会が、世界がひろがっていて、

それに大して、その物を忠実に見る力か

それとも、我の中にある、その物の可能性を最大限に引き出して見るか?

それを問われている気がする

荒木は
自分との関係がうつっていないものは、嘘写真と言った。


じゃー、忠実に見ようとするのは、嘘写真なのかな?

でも、写真って私がいなきゃ、写らないんだよね。
シャッターを押すのは私なんだから

わたしの感覚で押すんだから


そうやって考えていくと、なんらかの形で私が写っていなきゃ写真にはな
らないんだな。

わたしが、なぜ、写真に私を求めることを拒むかと言うと。

自己表現みたいな、我の感情を写真に写そうとする人が多すぎるから。

悲しみ、孤独、愛情…
そうゆう類いの個人的な感情を…

写真で起こそうとする人が多すぎるから…

アンチフォトアート思考は…
あるよね。爆

見えない感情を写そうとして。
結局、何も写ってない写真が多いからさ。

いやなんだよね…爆


もちろん、そうじゃない人もいる。

だから、みんなが。って訳じゃない。

ただ、その表現の行為によっている人がいるのも事実だ。

そうゆう人に対してのアンチテーゼでした←

| | コメント (0)

なんだか

複雑で

悶々としている。

心情がね。

どうしたいんだ私。

| | コメント (0)

悶々。

仕事なんて早く終われば良いんだ!!←元社会人とは思えない発言w


| | コメント (0)

写真悶々。

たわごとです。

写真はきっと、表現じゃない。

私の外に現実もリアルも世界も広がっている。

ソレは私の中にはない。


世界は外に広がっているのだ。

あたし自身がその世界に色を付ける事も。
塗り替える事も、不可能に近いのだ。

と思った。


写真には真実しか、リアルしか写らない。

でも写真は嘘をつく。

そして現実は裏切られる。

写真の撮り方が変わった。

考えるよりも、撮るになった。

そりゃ、言うまでもなく、現実も真実も、私の外に広がっているから。

考えたって写真はとれない。写らない。

外に出て、動かなきゃ、ソレは写らない。

だから・・・。

だから・・・。

あー、うん。

どうしたらいいんだろうか?

どう向き合ったら良いんだろうか?

何も写らないと言う事を提議した上で、考えて行かなければならない。

| | コメント (0)

写真悶々。

たわごとです。

写真はきっと、表現じゃない。

私の外に現実もリアルも世界も広がっている。

ソレは私の中にはない。


世界は外に広がっているのだ。

あたし自身がその世界に色を付ける事も。
塗り替える事も、不可能に近いのだ。

と思った。


写真には真実しか、リアルしか写らない。

でも写真は嘘をつく。

そして現実は裏切られる。

写真の撮り方が変わった。

考えるよりも、撮るになった。

そりゃ、言うまでもなく、現実も真実も、私の外に広がっているから。

考えたって写真はとれない。写らない。

外に出て、動かなきゃ、ソレは写らない。

だから・・・。

だから・・・。

あー、うん。

どうしたらいいんだろうか?

どう向き合ったら良いんだろうか?

何も写らないと言う事を提議した上で、考えて行かなければならない。

| | コメント (0)

去年の今。

どーでも良い事を振り返る。

うん。

病んでたなって。

まぁ、それだけ。

ズタズタにされたな。って思い出した。


去年の私が、一年後の私の事なんてわからない。

今の私が、二ヶ月先の私なんてわからない。


人生何が起るか、わからないものですな。

| | コメント (0)

指輪の件。

何をどうひっくりかえしても。

やはり指輪がほしくて←

なんでそんなにそれに執着してるかと言うと、言うまでもなくて。

早い話、まぁー憧れですよ。←

あとは、装飾品が好きって言う。

好きっていう。

大好きっていう。


だけです。


でも指輪いらないっていわれた。w

ドンマイ自分。

wwww


そこに執着してる自分がすごくちっぽけに思えるがな。w

そういや、あまちゃんの時も指輪せがんだな←←←

丁度、誕生日だったしね。


あれですね、指輪に憧れが強いんだな。w

| | コメント (0)

いろいろ。

いやになっちゃった。

いろいろいやになっちゃった。

なんかめんどくさくなっちゃった。

こんな自分もいやになっちゃった。

あーなんで今がよるなんだろう?

ひるじゃないんだろう


昼だったらこんなにならないのにな

| | コメント (0)

あが、あがー。

沖縄弁では
「痛い」を「あが」と言うらしい。

内心、奴の事でちょっと心配だったけど←

大丈夫みたいだ。

君から連絡こないと、すんごーく気になるもんね。

そりゃ、夜も寝られないくらいね。

| | コメント (0)

えーえーえー……………

お先真っ暗な
くらいバイトが減らされてた凹


やべー。
店長に相談だorz

あぁーめんど。

| | コメント (0)

ネミーヨネミーヨ…

これから、教習所…

再検定だよ。

だるいよー。

眠いよー。

わーん。

| | コメント (0)

届くことのない、らぶれたー。

((((本気で書くよ。笑  だから、だいぶウザイかんじになる・・・w
というか・・・さぶい感じになったw)))


バイトがおわって。

色々考えた。

君に言われた事。

君が一生懸命に私に伝えてくれた事。

私の中の大好きだという気持ち。


そして。


笑った私も

くだらない事をしてる私も

変な顔をした私も

泣いた私も

怒った私も

すねた私も

甘えた私も

毒を吐いてる私も

全部、可愛いといってくれる人も。

全部、好きだっていってくれる人も。


きっと君しかいないんだろうな。と思う。


汚い部分も、可愛くない部分も、全部見せても。

何も変わらなかった。

嫌いになることも、好きっていう感情が薄れる事も。
やめなよ、って言われる事も。なかった(←変な顔をしていたときは、さすがに言われたw)


何も変わらないどころか、もっと好きになってくれた。

そんな私も全部含めて。大好きになってくれた。


大好きで、大好きで。
大事にしてくれた。

大事に、大事に・・・

してくれている。


そして何より。

私自身が大好きだ。

君の事をとっても大好きだ。

とっても、とっても大好きだ。

大好きー!と何度伝えても、伝えきれていない気がして。

逆になんかもどかしくなるくらい好きだ。

いっぱい抱きしめても、伝えきれないくらい大好きだ。

君の事が本当に、大好きだ。

いっぱい、いっぱい好きだ。

だから。なんか。


まぁいいや。ってなった。笑


奴に会うと。
誰かを、私だけの物にしたい。
という衝動に駆られる。

あなたに心の端っこがひっぱられるなら。
もう、引っ張られないように、誰か一人を私の物にして、愛し尽くして。
もう、あなたに何か心がひっぱられないようにしてやりたい。

と思う。

けど、今日気づいたけど。
誰も、私の物になんてならないんだ。←当たり前だ。

きっと彼氏ができたら、そんな風に思わなくなるんだろうな。

なんて漠然と思ってたけど。

違かった、君は君だ。

私は私だ。

君と私であって。

私の君でもなければ。

君の私でもないんだ。

君の大好きな、私であって。

私の大好きな、君なんだ。


だから、なんか、愚かだとおもって。

と・・・書いても。また、愚かな感情は生まれるのかもしれないけど。

それでも、とりあえず、今日思った事を書き記したかった。

私は君が大好きだ。

大好きで、愛おしくて、守りたいと思う。

そんな君が大好きだ。

私を、両手で大事に、大事に包み込もうとする君が大好きだ。


| | コメント (0)

落ち着いた。

写真の世界は面白い。


まだまだまだまだまだまだ知識的にも、技術的にも知らないことだらけ。

まだまだまだまだ、経験した事ないことだらけ。


だから面白い。


知らない事をしって。ワクワクできるから。
すげーーーー!!!って感動できるから面白い。

知ってたら、すげーーー!
なんて感動できないもんね。


知らない事ばかりで焦ったりもするけど。

これから知って行けば良いや。って思った。

だってまだ二年だしね。

二年ってまだ・・・まだ・・・まだ・・・二年よ?

ひよっこ中の、ひよっこよ!

これから中の、これからの人間よ!


今日も楽しかった。
写真楽しかった。

写真すきだ

もっと考えたい

もっと考えたい

| | コメント (0)

ぬーん凹

更新率ヤバ。笑

だがしかし!!!
どこにもカケナイノダヨ!

ココニシカカケナイノダヨ


わらえないー。

むりー。

あかーん。

へこーむ。

わらーう。

おわってーる!

わたし!!


悶々しよう。

ぬーん。って悩もう。笑


悩む事を楽しもう!!←←

とりあえず、君に会わなきゃね。ダメな気がする。

| | コメント (0)

真面目すぎるって、言われた。笑

いや、あかんやろ!


正直、また写真を頑張ろうって思ったよ………

でも、違うでしょーよ!

また、誰かの為の写真になるのかな?
orz

終わってるな…。


違うよ。それは違うよー。
誰かの為の写真は違うよー。

ぁ、もう!!!

もう!!!

もう!!!!


ばーか!

ばーか!

ばーかー!

ばーか!

ばーかばーか!

| | コメント (0)

ヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイ

あぁー!


久びさに、奴に会った。

あかん。

どぎまぎした。

あぁー。
うわぁー


なんなんだろう、これは←

憧れだよね。


あぁ、もう!指輪欲しい。←違うのはわかってる。

わかってるんだけど、なんか、目に見えるけじめが欲しい。

あぁ、あかん。私。←

しねばいいのにー。orz

| | コメント (0)

恐ろしいくらいに落ち込んでる


こんなに人を撮る事が怖いことだとは思わなかった。

| | コメント (0)

大丈夫。

写真で心が折れたけど


写真をやりたいと思っているから。

いっぱい撮りたいな。

ぶへっへっへ

| | コメント (0)

泣いたけど

きっと大丈夫。

ゼミ写真辞めました←


お互いに負担すぎました。


相手もきっと負担だったろうけど。

それ以上に私が相手に踏み込めませんでした。


撮られる事を、望まれていなければ、私はカメラを向ける事はできません。


それは身内や、友達や知っている人であれば、あるほど。


街並や、社会性を求められているような写真は別ね。


そういう、街を撮っていてうつってくる知らない人は別ね。


私が、相手に踏み込めませんでした。


望まれていない撮影は、相手も傷つけるし、同時に自分も傷つきます。


久しぶりに頑張ろうと思ったけど。

無理だったな。

私も結局、好奇心でしかなかったのかもしれない。


というか、作品としてしか相手をみていなくて。

相手の心情や、自分の心情を無視していたように思います。

心が大事なのにね。

きっとそれが相手に伝わったのでしょう。

そして、そういう自分自身にも気づかされたのでしょう。

完全なる弱音です。

でも、経験と、新しい意思でもあります。

撮って、撮って、撮って悩もう。
もがこう。

撮って考えて、ぶつかろう。

かっこわるく、もがくんだ。

悔しくなって泣くんだ。

あたしはそうやってじゃないと向き合えないんだろうな。

本当に好きな物から逃げることはできないし。

時には苦しいけど、逃げたくなる事もあるけど。
心底、逃げたいとは思わないしね。


写真が好きでたまらないのだ。

楽しくてたまらないのだ。

| | コメント (0)

やべー

なにもしたくない

| | コメント (0)

今日から。

また、ゼミ写真を撮ろうと思います。

ちょっとずつ、がんがる。


つーか!
ツイッターわからんw

でも頑張ってみようと思う。

誰かやってる人。私の事探して←

| | コメント (0)

まとまりの無い話。

写真やりたい


写真撮りたい


写真の事を考えて悶々したい。


昨日から友達の家に泊まりにいってきた。


高校の友達の家に、私ともう一人の子と・・・家主と三人で居た。


同じ学校にいて、同じ事を勉強していて。
同じ服を作っていて。

でもなんか楽なんだよな。


そんな三人でした。


二人はフリーターで
スローライフを送っている人と。

変わり者で人生を楽しんでる人がいて。

あたしはその二人と
約一日半一緒にいて。


良い意味で、私はみんなとは違うんだなぁ・・・と思った。

スローライフに憧れる。
バイトして、一人暮らしして。自分の時間を楽しく生きている彼女に憧れる。

でもきっと・・・
私にはできないんだろうと思った。良い意味で。

それはもう、育った環境にもよるのかもしれないけど。
とか、最近思う。

もっと、田舎で生まれたかった。
今の住んでいる県でいいんだけど。
もっと奥地というか。もっと都心からは慣れた方が嬉しかった。
と今更ながらにおもう。
この街は人が多すぎる。疲れるんだ。


スローライフに憧れて、きっとわたしがフリーターになったとしても。
きっと心はスローじゃない。w

彼女のように。すきな漫画と本とゲームとレコードとPCと・・・時々、私のような友達と・・・

っていう生活では、私はきっと満足できない。
というか、不安でたまらないと思う。

あたしは、これでいいのか?

ってこのままでいいのか?

って不安で溜まらないと思う。
何か、没頭するもの。集中するもの。

自分の力を入れられる物がないと不安で心配で・・・っていう生き物らしい。

だから。ハマるものというか。なんていうのか。

そういうものが無かったら駄目なんだよね。

常に挑戦してないと駄目っていうか。

まぁ。すげー疲れる性格なんだわ。笑

そんなんなんだと。最近気づいた。

そしてゼミの先生が、この歳になったら人間の根本なんて変わらないっていうのがよくわかった。

あたしはずっと、このままだ。

自分が本当にやりたい事を、挑戦して、試して生きて行かないと。
不安で仕方なくなる生き物なんだ。

やりたいもんな写真。

ぐへへへへ。


状態が整ってきたよ。

できないかもしれない事を
やろうとする。


それをやり続けたい。
あたしは写真で。


| | コメント (1)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »